授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

マネジメント【まねじめんと】

マネジメントとは、管理という意味である。効果を最大限に発揮するために、あらゆる資源や資産、リスクを管理する方法。経営管理論におけるマネジメントは、管理をするという意味の他にも計画して調整をする、評価・分析を行い改善するなど様々な意味合いを持つ。すべての意味を総括してマネジメントと使われる場合が多い。

関連した単語

マネジメントされる対象

マネジメントをされるべき対象は4種類ある。4つの要素を効率的かつ、有効的に活用することで効果の最大化を狙うのがマネジメントである。

ヒトマネジメント

1つ目はヒトである。ヒトは最も根本的な重要資源である。どうやって適材適所に人事を行い、強みを活かして、弱みを消すかという運用を考えることがヒトマネジメントである。人的資源とも呼ばれ、企業活動を行う上では欠かせない要素である。20世紀以降、ヒトに対するマネジメントが注目された。

モノマネジメント

2つ目はモノである。モノマネジメントは、如何に効率的にモノを管理出来るかという事である。19世紀後半は急速な発展により、生産に対する環境が整っていなかった。マネジメントを行う事で生産効率を上げ、効率的な環境が作られた。ヒトマネジメントよりも先に重要視されたのはモノマネジメントである。

カネマネジメント

3つ目はカネである。カネマネジメントは、如何にカネを循環させ、効率的に運用していくかということである。経済が時代と共に発展するに伴い、カネマネジメントの有用性が広く証明されている。現代のカネマネジメントでは、金融資産に対するマネジメントだけではなく、不動産等の資産を管理する意味合いも含まれている場合がある。

情報マネジメント

4つ目は情報である。情報マネジメントは、多岐にわたる情報を管理し、如何に効率的に活かすことが出来るかということである。IT社会における情報マネジメントの重要性は高く、企業を運営する上では欠かせないものとなっている。例えば、製品技術や経営状況、株価の管理も情報マネジメントの一種である。

問題

マネジメントの要素を4つ挙げなさい。

答えを見る

カテゴリ内ランキング

cacicoテキスト買取
cacicoテキスト