授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

3C分析【さんしーぶんせき】

3C分析とは、外部環境の市場と競合の分析から、自社が事業を行う環境での成功要因(KSF)を見出し、戦略に活かす分析をするフレームワークである。

関連した単語

3C分析の目的

外部市場に対する自社の戦略の再定義のみならず、新市場への新規参入や、撤退の検討などにも同様に3C分析が使用されている。分析にあたり、以下の各「C」についての目的を明確にすることで、分析範囲を必要最低限に絞り込むことができる。・Costomer:市場や顧客のニーズに関する変化を知ることを目的とする・Competitor:競合他社が市場や顧客のニーズの変化に対して、どのように対応しているかを知ることを目的とする。・Company:自社が、市場や顧客のニーズの変化に合わせて、競合の動きを見ながら、自社が成功する要因(KSF)を見出すことを目的とする。

Customer(市場、顧客)分析のポイント

市場、顧客の分析においては、マクロな視点からの分析、ミクロな視点からの分析、顧客分析を必要である。マクロ分析では主にPEST分析を用い、景気変動や人口動態変化、社会的な変化を見つけ出すことが目的である。ミクロ分析では自社の置かれている業界構造の変化に着目するため、多くはファイブフォース分析を用いる。顧客分析ではアンケートや自社製品・サービスのプロダクトライフサイクルから、顧客の属性変化を明らかにする。

Competitor(競合)分析のポイント

競合分析においては、Customer分析から市場の競争状況や競合他社についての把握することが必要である。競合他社からいかに市場を守るか、奪うかという視点を持ち、競合数、新規を含めた参入障壁、競合の戦略、経営リソース、売上高やシェアといった競合のパフォーマンスを分析し、自社の相対的な強み・弱みの抽出が必要である。

Company(自社)分析のポイント

自社分析においては、自社の経営リソースや企業活動について、市場変化と競合他社の市場変化への対応に対して、自社を比較し、自社の市場での成功要因(KSF)を探ることが目的である。分析には、市場シェア、売上高、収益性、社内リソースなどに加え、市場の持つブランドイメージなどの分析が必要である。

問題

3C分析の目的は?

答えを見る

カテゴリ内ランキング

cacicoテキスト買取
cacicoテキスト