授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

インカムゲイン【いんかむげいん】

インカムゲインとは、資産運用において、ある資産を保有することで、安定的かつ継続的に受け取ることのできる収入のことである。例を挙げると、銀行預金や利付債権の受取、利息、投資信託の収益金がある。また、株主が企業から受け取る配当金もインカムゲインといえる。一方、不動産投資の場合は家賃収入として扱われる。インカムゲインの対となるのがキャピタルゲインである、これは保有資産の価値が変動することによって得られる収益のことである。これは非常に多くのものが該当し、土地や建物、貴金属など、大きく価値が変動するもので、株式や債券などの有価証券も該当する。これらについて、安い時期に購入し、高くなった時を見計らい売却して得られる差額の利益がキャピタルゲインである。キャピタルゲインは、前述のとおり保有資産の価値の変動により、その差額によって得られる利益である。差額が利益である場合、キャピタルゲインといい、損失である場合、キャピタルロスとして扱われる。インカムゲインは安定的かつ継続的であるため、「インカムロス」という概念は存在しない。投資の成果・収入を表す指標として、「トータルリターン」という概念があるが、これは「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の総和で計算される。つまり、投資においては、利息がもととなる収入と、購入と売却の差額による収入がある。

関連した単語

インカムゲインの特徴

インカムゲインは、業績指標としてよく用いられる。この指標を利用するメリットは、社員に対する企業の価値向上や株主への還元に対する認識の強化が明確にできることが大きい。また、賞与と株主への還元の関係を強化することで、株価が下落した際のリスクを株主と共有でき、業績および株価の向上への、インセンティブが強化できるという見方もある。一方、配当や株価の値上がりは、企業の純粋な成果以外の要素が絡むため、納得感という視点では、課題が残ることがある。

インカムゲイン・キャピタルゲイン具体的な例

インカムゲインは安定的、継続的であるため、たとえば年利0.1%の銀行預金で、1000万預金したとすれば、毎年1万円の利息収入がある。これがインカムゲインである。一方キャピタルゲインは、例えば、1000円の株が1500円に値上がりし、その時点で売却すると1株当たり500円のキャピタルゲインが生じたと計算できる。また、ほかにも1000万円の不動産を1500万で売却できたとすると、500万円がキャピタルゲインとなる。一方、損失が出た場合は、キャピタルロスである。

問題

インカムゲインとキャピタルゲインの違いを説明しなさい。

答えを見る

カテゴリ内ランキング

cacicoテキスト買取
cacicoテキスト