授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

シーザー暗号【しーざーあんごう】

シーザー暗号(シーザーあんごう、英語:Caesar cipher)とは、単一換字式暗号の一種で、アルファベットの文字を辞書順に3文字だけずらすことによってつくる暗号である。カエサル暗号とも呼ばれる。文字をどれだけずらすかは固定であるが、絶対に3に限る必要はなく、ずらす文字数を3以外にした方式もシーザー暗号(あるいはシフト暗号)と呼ぶ。

関連した単語

シーザー暗号の由来

古代ローマの政治家であり軍人、文筆家であるガイウス・ユリウス・カエサル(英語読みでシーザー)が初めて使ったことから、こう呼ばれるようになった。カエサルは文章に機密性を持たせる場合、各文字をずらして暗号を作成したといわれている。しかし、この暗号は、元の文章を、例えば“a”を“d”、“b”を“e”と、容易に解読できるため、実際は軍事には使用せず、私的な事案に用いていたという。一見単純な暗号であるが、実は現代の暗号においても基本となる、規則(アルゴリズム)および鍵といった2つの要素を含んでいる。規則とは、特定の文字を辞書順に特定の数だけ後ろ(もしくは前)にある文字と置きかえることで、鍵とは、辞書順にずらす数のことで、カエサルが実際に用いたシーザー暗号の場合、3になる。

シーザー暗号の解読法

暗号文を平文(ひらぶん、元の文)に戻すためには、ずらした数だけ逆にずらせばよい。この数が暗号復元の「鍵」になる。しかしアルファベットは26文字しかないため、鍵の個数は25個である。したがって、全数探索で解読できるシーザー暗号は、解読が容易である。また、単一換字式暗号は、各々の文字の出現頻度を調べることによっても、解読できることが知られている。

ROT13

ネットなどでは、一読しただけでは読めないが、読もうと思えば誰でも読める文章、例えばパズルの答えなどを投稿するのに、シーザー暗号が使われることがある。このとき、鍵は伝統的に13にする。そのことから、これはROT13とも呼ばれる。シーザー暗号を解読するためのコマンドが標準で装備されているUNIXシステムも多くある。

問題

シーザー暗号に関して、規則と鍵について説明しなさい。

答えを見る

カテゴリ内ランキング

cacicoテキスト買取
cacicoテキスト