授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

スマートグリッド【すまーとぐりっど】

スマートグリッドとは、次世代送信網として大きな可能性を秘めた電力ネットワークのことを指す。今までに利用されてきた電力ネットワークを見直し、最新のIT技術と最新の電力技術を組み合わせて、効率よく電気の需給バランスを最適化し、これまでに無かった新しい電力網と再生可能なエネルギーを広げていくことを目的とする。

関連した単語

深刻化する送電システムに伴うスマートグリッドの誕生背景

2009年にオバマ政権は米国景気対策法としてグリーン・ニューディール政策を掲げた。これは、近年発達したITやエレクトロニクス技術により世界的に電力需給が伸びたことに関係してくる。特にアメリカでは電力網に対する変電所や発電所の数が追いつかず、電力網の老朽化により散発的な停電問題に悩まされる状況であった。そんななかで、改めて電力需給を調整するためのシステム整備を見直し、配電ネットワークや需給バランスを最適化することで効率よく電気を供給できる送電システムが提唱された。それがスマートグリッドである。

スマートグリッドのメリット・デメリット

スマートグリッドの特徴としては、ピークシフトが可能であるという最大のメリットがある。ピークシフトは、1日の中で電力需要がピークに達する日中の電力消費の一部を、需要が小さい夜間電力に移行させることを意味する。例えば、電力消費の少ない夜の時間帯に蓄電池を充電しておいて、日中にその充電された蓄電池の電力を使うなどといった方法がある。一方で、ネットワークを介して利用するスマートグリッドはウイルスやハッキングといった問題にさらされる可能を抱えている。さらにそもそものスマートグリッドを実現するためには、スマートメーターという電力消費量を知らせる機器を各家庭やビルに取り付ける必要がある。これにより消費者自身も自分たちが消費した電力を把握するメリットが生まれるのだが、設置作業にかかる費用やメーター自体に費用といったコストの関するデメリットもある。

日本におけるスマートグリッドの必要性

スマートグリッドというのはその利便性に対して重視される方針というものが国や地域によって異なる。特に日本では、元々の送電における事故時の監視制御システム導入や配電ネットワークにおける停電範囲極小化のための自動化技術が進んでいたので、アメリカのような停電発生率も少なく、日本における電力網や電力供給の信頼度は最高水準だと認識されていた。しかし2011年3月11日の東日本大震災による原子力発電所の崩壊によりその認識は根底から崩れることになる。それまで拠り所としていた原発による電力供給の危険性が露呈したことで新たな供給環境を整えなければいけない問題に直面した。そういった現状のなかで電力需給バランスを調整できるスマートグリッドの必要性は、省電力化を促す日本において高い。各家庭にスマートメーターを設置し、電力消費を消費者自身で調整されることで省エネルギー化への期待が寄せられる。

問題

スマートグリッドの利点を説明せよ

答えを見る

カテゴリ内ランキング

cacicoテキスト買取
cacicoテキスト