授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

公開鍵【こうかいかぎ】

データの暗号化に用いる鍵で、公開鍵暗号方式で使用される一対の鍵の組のうちあらかじめ他人に公開しておく鍵のこと。公開鍵暗号方式で使用する。公開鍵で暗号化されたデータは秘密鍵でしか復号できないため、公開鍵は他人に知られてもセキュリティレベルが低下しないという特徴があり、秘密鍵で暗号化されたデータは公開鍵で復号できるという特徴があることから、共通鍵暗号方式に代わって特に利用されている方式になる。

関連した単語

暗号方式について

暗号方式には複数の方式があり、主立ったものとして「公開鍵暗号方式」と「共通鍵暗号方式」がある。公開鍵暗号方式とは、1976年にウィットフィールド・ディフィー(Whitfield Diffie)氏とマーティン・ヘルマン(Martin E. Hellman)氏によって基本原理が考案され、暗号化に 使う鍵と復号に使う鍵が分離されていることに特徴がある。一方の、共通鍵暗号方式とは、暗号化と復号に同じ鍵を用いる暗号方式であり、暗号文を送受信する前にあらかじめ安全な経路を使って秘密の鍵を共有する必要があることに特徴がある。なお、暗号方式には、RC2、RC4、DES、AES、FEALなど複数あり、それぞれ独自の鍵を必要とするため異なる暗号化方式では復号(復号化)できない。

RSAについて

公開鍵暗号方式で有名なものとして、RSAがある。RSAとは、開発者3名(R.L.Rivest、A.Shamir、L.Adleman)の頭文字から命名されたものである。RSA暗号方式では、公開鍵で暗号化、秘密鍵で復号化を行うだけでなく、秘密鍵で暗号化、公開鍵で復号化できる仕組みになっている。RSAは、整数論であるオイラーの定理と2つの素数を使って公開鍵暗号の仕掛けを実現しており、大きい数の素因数分解の困難さを暗号化手法としている。インターネットを活用したやり取り活発化すると、電子的な情報交換の相手が不特定多数かつ広範囲になることから、鍵の管理が容易で、相互運用性に優れた方式としてはRSAのような公開鍵暗号方式が最適であり、PKIの基本技術になっている。RSA暗号を解読するには、巨大な整数を素因数分解する必要があり、効率の良い鍵の発見方法はまだ見つかっていない。RSA暗号に関する特許はRSA Data ecurity社が保有していたが、2000年9月に期限切れを迎えたため、誰でも利用できるようになった。

問題

RSAはどのような数学的手法の困難さを暗号化手法としているか

答えを見る

カテゴリ内ランキング

cacicoテキスト買取
cacicoテキスト