授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

小口現金【こぐちげんきん】

小口現金とは、日常的に発生する小額の支払や経費の清算のために、会社全体の現金とは別口で管理される現金、またはその勘定のことをいう。また、必要に応じて、事業所や部署単位で管理されることもあり、経理担当者とは別に、小口現金の管理を担当する人を「用度(ようど)係」と呼ぶ。現金と小口現金とは、ともに紙幣や硬貨のことを指し、貨幣そのものであることからいつでも支払手段として使用可能である。そのため、現金と小口現金の性質は違いありません。しかし簿記上、現金と小口現金は区別して処理します。それは、現金と小口現金は分けて管理するほうが管理上都合がいいためです。したがって現金と小口現金は管理上区別されているだけですから、最終的に財務諸表を作成する際には金額を合算し、貸借対照表の流動資産の部に現金及び預金等といった科目で記載されます。

関連した単語

管理上、現金と小口現金を分ける理由について

一般的に、企業は警備上や安全管理上のため、現金を極力社内には保管しないで銀行に預金しておきます。しかし銀行預金は安全に保管しておくにはとても便利な方法ですが、日常のこまごまとした支払の決済を行う場合、その都度、預金引き出しなどを行わなければならず、決済手段としては不向きです。そこで、切手代や立替経費の精算といった、日々発生する小額な支払いに備えて、業務上必要な範囲の現金を会社の金庫に保管しておいたほうが便利です。これらを日常生活に当てはめるならば、お小遣い制度が小口現金制度と言えるのではないでしょうか。子どもがその都度、両親からお金をもらうのではなく、あらかじめ一定額をお小遣い(小口現金)として受け取り、お菓子など細々した物の経費に充てるという流れです。

小口現金制度廃止の流れについて

最近では、企業内における不正防止の観点から、小口現金制度を廃止する企業も出始めている。オンラインバンキングシステムの発展もあるように、これまで小口現金で立替金を支払っていた企業も、従業員の口座への振込へ切り替えるなど、極力、企業内に現金を保有せず、それにより企業内における不正防止を図ろうとする動きがあることも否めない。また、小口現金の管理を任される社員や部署は、非常に大きな負担となっており、それと同時に企業の人的配置にも影響が出るとされている。小口現金制度は、便利な反面、人間が扱うことによるミス(ヒューマンエラー)や盗難といったリスクが常につきまとうため、煩雑な手続を簡素化するためにも、小口現金制度の廃止を推進する企業が増えている。

問題

経理担当者とは別に、小口現金の管理を担当する人を何と呼ぶ

答えを見る

カテゴリ内ランキング

cacicoテキスト買取
cacicoテキスト