授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

正規化【せいきか】

正規化とは、リレーショナルデータベースにおいて、重複データを省き、主キー、外部キーを利用して複数の表を関連づけるために必要な作業をいう。第 1正規化から第5正規化まで存在するが、通常は第3正規化まで行われる。

関連した単語

リレーショナルデータベースについて

一般に、検索を目的として構築されたデータ群のことをデータベースと呼ぶ。データベースには数種類のモデルが存在するが、特にリレーショナルデータベースを作成する際に正規化という考え方が必要になる。そもそもリレーショナルデータベースとは、別々に作成済みの表のうち、共通項目を接合点として、データとデータを接合し、関連づけることでより大きな表を作成するが、その際、複数の表で繰り返しになるような項目は省き、1つ1つの表をできるだけ単純化する必要がある。実際にリレーショナルデータベースを作成する場合はコンピュータのデータベースソフトを使用するが、もし、正規化によって重複データを省いておかないと、万一データ内容が変更になった場合に、それを正常にデータベースに反映させることが難しくなる。表計算ソフトでもデータベースは作成できるが、こうした正規化を行うのはデーターベースソフトだけである。

第1正規化、第2正規化、第3正規化の概要

正規化には段階があり、第1正規化から第5正規化まで存在するが、通常は第3正規化まで行われる。では、正規化の手順と方法について説明しよう。1)第1正規化 まず、表の中に繰り返し項目が存在する場合、非正規形と呼ぶ。正規化の第 1段階 で あ る 第 1正 規 化 と は 、 こ の 繰 り 返 し 項 目 を そ れ ぞ れ 独 立 し た 行 と し て 表 を作り変える。リレーショナルデータベースとして表を扱う場合は、少なくとも第1正規化の処理が済んでいなければならない。次に行を特定するための項目を探す。例えばID番号を指定すると、それに対応した人の名前が一つだけ特定できるというような場合、このID番号のような項目のことを主キーと呼ぶ。2)第2正規化 第 1正規化の表から重複データがないように表を分割する。例えば重複データが複数あると、あるデータの中の項目が変更になった場合に、複数表の該当箇所を全て訂正しなければならなくなる。このような無駄を省くために表を複数に分割するのである。3)第3正規化 第2正規化が終わった表の中に、主キー以外にも重複しているデータがある場合、その項目を分離して別の表にする。通常、正規化の作業はここまで行われる。主キーと外部キーについて

主キーと外部キーについて

正規化の作業を進める上で、重要になる概念が、主キーと外部キーである。表の中のある行を特定する項目を主キーと呼び、それに対して、表と表を関連づける接合点になっている項目を外部キーと呼ぶ。この外部キーは、別の表においては主キーとなっているものである。

問題

正規化の目的について説明せよ。

答えを見る

カテゴリ内ランキング

cacicoテキスト買取
cacicoテキスト