授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

サーチエンジン【さーちえんじん】

サーチエンジンとは、検索エンジンとも呼ばれ、一般的にはインターネット上に存在する情報を探索・検索する機能のことである。ユーザは無料で利用でき、その運営費はホームページに掲載する企業の広告料金で賄っているという特徴をもつ。

関連した単語

サーチエンジンの原理・仕組み

サーチエンジンに必要な要素は、必要なホームページを探し出すということである。そのために、各サーチエンジンには「クローラー」と呼ばれるプログラムを動かしている。区ローラーとは、常時動作しているプログラムであり、WWW(ワールドワイドウェブ)上、つまり全世界のホームページを探索している。その際に訪れたページの情報を取得することで、検索時にヒットさせる準備を整えるのである。クローラーがページを訪問・移動するのはリンクに従っている。つまり、あるページにクローラーが到達し、そのページの情報を獲得すると、そのページ内のリンクから別の場所に移動しようとするのである。集めてきたデータは、インデックスと呼ばれるサーチエンジンのデータベースのような場所に格納される。格納されたデータは、検索アルゴリズムが扱いやすいように変換され、この処理をインデクシングと呼ぶ。そして、検索エンジンの快適性を担うのが「クエリープロセシング」である。これはユーザからの検索ワードを処理し、データベース内のそれぞれのホームページに「スコアリング」する。このスコアリングによって検索結果として表示される順序が決まる。そして結果を表示するまでを「クエリープロセシング」という。

サーチエンジンの種類

サーチエンジンの中にも、検索の手順によって種類分けがなされている。主なものは、入力されたキーワードによって全文を検索する、「全文検索型」とカテゴリ別に分けてある「ディレクトリ型」の2種類である。前者はgoogleを代表とし、後者はyahoo! JAPANの発端を代表例とする。「全文検索型」はすべてのホームページのデータから検索されたキーワードと照合するという全文検索システムによる。「ディレクトリ型」はその名の通り、全データをさまざまなカテゴライズによって分類し、階層立ててデータベースに格納してある。構築したディレクトリは人手でなされている。それゆえ、実際の人間に視点で構成され、質の高いエンジンを提供できる。ページなどの概要を人力で入力しているため、目的とするサイトを発見しやすく、知りたい分野に絞った情報を得ることができる。しかし手入力ゆえに量の限界があることが問題であった。今日は、yahooも検索機能を導入し、その問題にも対抗できるようになった。

問題

サーチエンジンの概要を簡潔に述べよ

答えを見る

カテゴリ内ランキング

cacicoテキスト買取
cacicoテキスト