授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

ワラント【わらんと】

ワラントとは、新株予約権のことである。企業が資金を調達する際、社債を発行することでそれを行うことがあるが、その一つがワラント債である。これは、一般的な社債に加えて、新たに発行される株式を引き受ける権利を追加したものである。一般的には、通常の社債部分と、追加された権利部分は別々に取引される。追加された権利がワラントであるが、その取引をワラント取引と呼ぶ。ワラント取引は権利を売買する行為を指し、次に述べる権利の行使価格および行使期間にそって、企業の株式を購入する権利が対象となる。行使価格とは、ワラントを持っている場合、その会社の株式を任意のタイミングで、定められた価格で買い付けができ、この定められた価格を行使価格と呼ぶ。現在、行使期間はないが、かつては権利を行使できる期間が定められていた。他に、付与率という要素があり、これは社債の金額に対してワラントを発行する割合である。1千万円の社債に対して500万円分までワラントを発行できるのであれば、付与率は0.5となる。これも商法改正によって現在は制限がないため、企業の事情に応じて設定できる。

関連した単語

ワラントの具体例

ワラントは前述の通り、株式を引き受ける権利をあらかじめ得ることができるものである。例えば、1株10000円の株があったとし、そこで「1株10000円のワラント(付与率を1とする)」を獲得することで、1株10000円で株式を購入する権利が得られる。この時、すぐに株式を購入する必要はない。その後、株価が上昇し、1株11000円になったとし、そのタイミングでワラントを行使すると、ワラントによって1株10000円 で 購 入 で き る 。 そ こ で す ぐ に 売 却 を 行 う と 1000円 の 利 益 が 得 ら れ 、 例 えばワラントを100円で購入していた場合、900円の純利益を得ることができる。一方、値下がりによって1株9000円になった場合、ワラントを行使しないままでおくと、その段階での損失はワラントの購入費用100円のみということになる。

ワラントの特徴

上の具体例の結果から、株式をあらかじめ購入する約束をするのがワラントであると言え、これは投資側、企業側双方にメリットが存在する。投資側のメリットは、少ない資金で株式購入と同様の効果があること、これはワラントが株式購入の約束だからである。また、実際の株価が高くなったとしても、元の株価で購入が可能であることも大きい。一方企業側のメリットとしては、ワラント債のもつ付加価値によって、金利が低くなるという点がある。社債の発行は資金調達の目的が大きいため、低金利は大きなポイントである。また、ワラント自体に価値が発生し、これも収入となりうるため、社債本体の資金とは別に資金の収入が可能である点があげられる。

問題

1株1000円の株を100株、ワラントを獲得したとする。現在1株1100円であり、1株当たりのワラントが10円であった場合、今ワラントを行使して購入し、売却した場合いくらの純利益を得られるか。

答えを見る

カテゴリ内ランキング

cacicoテキスト買取
cacicoテキスト