授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

コトラー【ことらー】

コトラーとは、人物の名前であり、本名はフィリップ・コトラー(Philip Kotler)である。1931年5月27日生まれの、アメリカ合衆国の経営学者である。専門分野としてマーケティング論について深い知見を持つ。現在はSCジョンソンの特別教授の任に就いており、現代の経営学の第一人者として著名である。また、手がける研究はマーケティングをはじめとする営利事業にとどまらず、美術や非営利の事業の支援や資金調達、政治を絡めたマーケティングの分析など、幅広い分野に亘っている。コトラーの大きな功績を以降に述べる。

関連した単語

マーケティングの体系化

コトラーの功績の中で最も大きいのは、マーケティングの体系化である。同氏の代表著作である「マーケティングマネジメント」に記されている。内容としては、マーケティングの定義に始まり、理論や概念・枠組みから顧客の分析・顧客視点の思考、さらに組織編成のあり方など、マーケティングに関する非常に多くの要素を体系化し、示している。

6P理論・7P理論

コトラーの提唱した理論として、6Pおよび7P理論がある。それまでマーケティングに重要な要素は4つあり、4Pと呼ばれてきた。その内訳はproduct(製品)、price(価格)、promotion(広告)、place(場所)である。どれもマーケティングには重要であることは明らかである。コトラーはさらに6Pとしてpublic opinion(世論)、political power(政治の影響)を追加し、あるいはpeople(人)、process(過程)、physical evidence(物としての証拠)を追加した7Pが重要である、として提唱した。

ソーシャルマーケティングの確立

ソーシャルマーケティングとは、「非営利の事業に関するマーケティング」とされている。例えばNPOをはじめとし、保養施設などの医療事業や、教育機関、文化施設、芸術施設などのマーケティングを対象としている。従来は、非営利の事業に対し、マーケティングは不利・不向きであるとされており、ビジネスとしての駆動力が弱く、資金に関する問題が多くあった。コトラーの提唱により、非営利の事業であってもマーケティングの対象として注目されるようになったのである。これがもととなり、「CSRマーケティング」と呼ばれる企業も社会的責任を果たすべきという流れを作ったほか、「コーズマーケティング」と呼ばれる企業の収益向上を目的としながらも、その収益の一部で環境保護の補助をするなど、社会貢献をするという事業を開拓した。

STPの提唱

コトラーの提唱した枠組みで最も重要とされるのがSTPである。マーケティングがセグメンテーション(S)、ターゲット(T)、ポジション(P)の順を追った段階によって進められるべきであるとする理論であり、現在の様々なマーケティングにおける指針の基礎となっている。

問題

コトラーの功績について簡潔にまとめよ

答えを見る

カテゴリ内ランキング

cacicoテキスト買取
cacicoテキスト