授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

サイバーナイフ【さいばーないふ】

サイバーナイフとは、腫瘍やがんに対する放射線による治療装置である。具体的な治療対象としては、脳腫瘍や頭部のがんを想定している。コンピュータ制御のロボットアームを使い、放射線を患部に照射することによって、他の正常な細胞に影響を与えないまま、患部のみを治療する。患者に対して麻酔などは必要とせず、プラスチックのメッシュで固定するのみであるため、負担の少ない治療法として注目されている。使用する放射線は、X線である。

関連した単語

サイバーナイフとガンマナイフ

サイバーナイフが登場する前は、ガンマナイフと呼ばれる放射線治療装置が用いられることが多かった。このガンマナイフはサイバーナイフと同様に放射線によって腫瘍やがん細胞を破壊する装置であるが、ガンマ線を利用することや、患者の頭蓋骨に穴をあけ、チタンフレームによって固定することで、正確に照射していた。ガンマナイフは0.1mmの精度があり正確さに優れていたが、チタンフレームによる患者への肉体的・精神的負担が大きいことが問題であった。さらに厳重に固定してしまうために、大きな病変に対する対応力が低い点も問題であった。他にも、ガンマナイフは半径2.5cm以上の大きな腫瘍やがん細胞の治療はできないという問題もあった。サイバーナイフはこの問題をすべて解決しており、新しい放射線治療技術として現在普及途上にある。

サイバーナイフの特徴

サイバーナイフには様々な長所があるが、定位放射線治療の長所とガンマナイフの短所を克服して得られた長所から説明できる。特筆すべき長所は、入院期間が短いこと、痛くないこと、体の深部であっても治療可能であることである。入院期間の短さと痛みのなさは、同じ理由からであるが、これは通常の外科手術と違い、切開や切除などを行わないからである。当然何も切らないため肉体的な回復を待つ必要がなく、早期退院が可能である。体の深部の治療が可能であるのも放射線を利用するからであり、多方向から照射し、患部に集中させることでピンポイントの治療が可能である。そしてもう一つ、患者の動きを自動追尾できるという点がある。これは軍事用ミサイルの追尾システムと同様の技術を使用している。これにより、治療中患者が何らかの動きをし、照射位置がずれそうになったとしても、サイバーナイフは自動的に位置を補足し、追尾する。これにより従来の負担が大きいチタンフレームによる頭部の固定から、プラスチックのメッシュによる負担が少なく、緩い固定に変更できたのである。

問題

サイバーナイフの長所とその理由を述べよ

答えを見る

単語に関する本

  • 先進医療NAVIGATOR" class="bookThumb" target="_blank">

カテゴリ内ランキング

cacicoテキスト買取
cacicoテキスト