授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

ページビュー【ぺーじびゅー】

ページビュー(Page View)とは、WebサイトやWebページが表示された回数を表す。Webサイトの一定期間内における活性状況を分析する「アクセス解析」に用いられる指標の1つであり、「PV」と表記することもある。インターネット上のバナー広告では、ページビュー数を基準に広告出稿料金が決められることが多い。

関連した単語

アクセス解析におけるページビュー

例えば、トップページ、会社概要、商品情報、ニュースリリースなど、複数のWebページで構成されることが多い企業の公式Webサイトの場合は、次のようにページビューが使われる。 ・アクセス解析の結果、前月のトップページのページビュー数が1,000 ・アクセス解析の結果、前月の会社概要ページのページビュー数が800 そして、それぞれ、 ・前月のトップページの表示回数は1,000回 ・前月の会社概要ページの表示回数は800回 ということを表している。

ページビューとユニークユーザー

1人のWebサイト訪問者が、そのサイト内のWebページを1,000回表示しても、あるいは、1,000人のWebサイト訪問者がそれぞれ1回だけ、そのサイト内のWebページを表示しても、どちらの場合もそのページビュー数は1,000となる。つまり、ページビュー数からでは、Webサイトの訪問者数は分からない。そして、Webサイトの訪問者数を表すのが、ユニークユーザー(Unique User)である。なお、Webサイトの訪問者は、そのサイト内の複数のページを閲覧することが多いため、ページビュー数はユニークユーザー数より数倍大きくなるのが普通である。

ページビューとバナー広告

インターネット上のバナー広告では、広告が表示される回数が重視され、そのページビュー数が広告としての訴求力の指標と捉えられる。そのため、ページビュー数を基準に広告出稿料金が決められることが多い。しかし、ページビュー数の向上、あるいは低下が起こった場合に、その理由や原因を分析して、Webサイトの運営改善などに活かすには、ユニークユーザー数の動向も調べる必要がある。

ページビュー数が重視されるサイト

ポータルサイトや、ニュースサイトの場合は、広告媒体としての収入によって運営されているため、広告出稿料金の基準となるページビュー数が重視される。しかし、企業や店舗のWebサイトの場合は、どのような商品やサービスを扱っているのか、できるだけ多くの人に伝えることが重要なので、ページビュー数よりもユニークユーザー数の方が重視される。さらに、HPに掲載している商品・サービスの購入・利用にまで結びつくことが望ましいので、ユニークユーザー数よりもHPに掲載している商品・サービスに関する、実際の問合せ数や購入申込み数が重視される。

問題

トップページのページビュー数が100だった場合、それはどのようなことを表しているか。

答えを見る

カテゴリ内ランキング

cacicoテキスト買取
cacicoテキスト