授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

コンパイラ【こんぱいら】

コンパイラ(compiler)とは編集者(へんしゅうしゃ)にあたる英語であるが、IT用語では、人間がプログラミング言語で書いたコンピュータプログラム(ソースコード)を、コンピュータが実行できる形式(オブジェクトコード) に翻訳(変換)するプログラムのことである。

関連した単語

ソースコード

ソースコードとはプログラミング言語で記述されたテキストのことであり、「ソースプログラム」「原始プログラム」「ソース」「コード」とも呼ばれる。エディターなどのソフトウェアを使って作成され、ソースプログラムを実際に動作させるには、コンピュータが理解できる2進数の機械語に変換する必要がある。

オブジェクトコード

コンパイラなどによってコンパイル(翻訳)され、プログラムを使用するコンピュータに合った機械語に変換されたプログラムの事であり、「オブジェクトプログラム」「目的プログラム」とも呼ばれる。

プログラミング言語

コンピュータのプログラムを作成するための言語のことであり、コンピュータが直接実行・処理できる機械語でプログラムを作る代わりに、人間に理解できるような形式で計算の過程を算術式の形などで表現した言語の事である。FORTRAN(フォートラン)・COBOL(コボル)・C言語やPerl(パール)・Java(ジャバ)などがある。

低水準言語

プログラミング言語のうち、機械語や、機械語に近い言語の総称であり、ハードウェアに近い言語を意味する。 低水準言語は一般的に、コンピュータが直接解釈・実行できるマシン語(機械語)と、マシン語と一対一に対応するアセンブリ言語(ニーモニック)のことを意味する。低水準言語はコンピュータを直接制御することのできるため、CPUやハードウェアの固有の機能もフルに利用することができるが、ハードウェアによって仕様がまちまちであるため、汎用性は低く、大規模なソフトウェアの開発には向かない。様々な高水準言語が普及し、低水準言語を使用する機会は減ったが、上記のような利点から、現在でも周辺機器のドライバソフトや産業機器の組み込みソフトなどの開発によく利用される。

高水準言語

プログラミング言語のうち、人間が記述しやすいよう自然言語に近い記法や構文を取り入れた言語の総称であり、人間の利用する言語に近い言語であることを意味する。 高水準言語を使って記述したプログラム(ソースコード)は変換ソフトウェアによって翻訳され、実行可能なプログラム(オブジェクトコード)に変換されてから実行される。 高水準言語にはマシン語への変換の仕方により、開発時にまとめて変換するコンパイラ言語と、実行時に逐次変換しながら実行するインタプリタ言語に分けられ、それぞれの変換ソフトは「コンパイラ」、「インタプリタ」(interpreter)と呼ばれる。 高水準言語は制御構文などが豊富に用意されていて、人間の思考を表現するのに適している。また、ハードウェアの仕様とは切り離された抽象的な言語なため、様々なプラットフォームで動作する汎用ソフトウェアの開発に向いている。その反面、ハードウェア固有の機能の利用は制限されるが、機能などの標準化が進んだ現在では、このような欠点が支障になることがあまりないので、ドライバソフトの開発など特殊な用途を除いては、ほとんどの場合で高水準言語が利用されている。

問題

現在、ほとんどのソフトウェア開発に高水準言語が使われている理由を述べなさい。

答えを見る

カテゴリ内ランキング

cacicoテキスト買取
cacicoテキスト