授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

管理会計【かんりかいけい】

管理会計とは企業の組織の経営者や管理者に対して、経営上の意思決定や業績管理に役立つ情報を提供することを目的とした会計である。予算管理・損益分岐点分析・原価計算などの手法を用いて経営管理に活用される。内部報告会計とも呼ばれる。

関連した単語

管理会計の特徴

管理会計の情報は、企業内のみで利用可能な情報である。この点で投資家など企業外部から利用可能な財務会計の情報と異なる。逆に、財務会計の情報は、企業会計原則や商法、金融商品取引法、法人税法などに規制されるが、管理会計の情報は法的な規制を受けない。あくまでも企業内の経営者や管理者に経営上、有用な情報として活用される。

管理会計の歴史

管理会計は元々、アメリカで、実証研究され、発展していった。これらは伝統的管理会計と呼ばれる。伝統的管理会計は主に、原価計算と予算管理である。近年は企業内部の種々の活動や組織の戦略と合わせて考えられることが多い。

管理会計の必要性

財務会計における数字では企業の採算性を知ることが不可能である。企業の収益性や採算性を明示するには、管理会計が必要である。管理会計は予算の作成、原価計算など、真の企業の収益性や採算性を明示することが可能である。

管理会計の目的

管理会計の目的は①経営分析、②経営戦略の立案、③経営計画の策定、④予算の作成、⑤原価計算と販売価格の決定等である。採算性の向上や、収益率の向上を目的とし、最終的には、必要利益の獲得を達成するために活用される。

問題

管理会計の意義、目的、特徴、必要性を述べ、伝統的な手法を3つ挙げて下さい。

答えを見る

カテゴリ内ランキング

cacicoテキスト買取
cacicoテキスト