授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

理学

43語の単語が見つかりました
  • 人気順Popular order
  • 新着順The order of ner arrival

  • 細胞周期

    間期はG1期・S期・G2期に分けられており、細胞が分裂し、生じた娘 細 胞 が 再 び 有 糸 分 裂 を 開 始 す る ま で の 間 で あ る M期 と 次 の M期 の間を間期(interphase)と呼ぶ。遺伝情報と全…

  • ヒートソープ

    ヒープソートでは、ソートに必要な作業領域が固定サイズで、データ量の大小に関わらず変化しない。スタックのように固定サイズの直線的なデータ構造ではなく、複雑なメモリアクセス方法となる。そのため連続的にメモリへアクセスが出来ず、空間的局…

  • 熱力学第一法則

    そもそも熱量と仕事とは別々のものであると意考えられていた。熱量の単位は[cal] 水1[g]を絶対温度1[K]上昇させるのに必要な熱量を1[cal]とする。熱がエネルギーの一種であることを確認したのはジュールであった。仕事の単位は…

  • X線回折

    結晶にX線を照射すると、原子分子の配列状態によって物質特有のパタ ー ン を 示 す 。 こ の 回 折 パ タ ー ン か ら 物 質 を 構 成 す る 成 分 の 格 子 定 数dを 得 る 事 が 出 来 る 。 X線 が…

  • NOx

    NOxは人体に有害で、肺や気管支を痛める原因となる。 NOxは自動車の排気ガスや工場排気、船舶、飛行機などで発生している。原因の半分を占める自動車の排気ガスに関しては、平成 4年に制定された自動車NOx・PM法で規制されている。ま…

  • モンテカルロ法

    モデルには、時間の経過に従ってその対象が変化していく動的モデルがある。このうち、不規則な現象を含む確率的モデルをここでは採用する。例えばサイコロを振ったときに出る目の数は誰にも予測できない。振った回数によっては、特定の目が多く出る…

  • 一般相対性理論

    とは、“加速度系であっても極めて限られた狭い範囲(時空間)では特殊相対性理論が成り立つということ”と“重力と慣性力とは同じ性質を持つため互いに置き換えて考えることができる”ということを指す。考え方としては、特殊相対性理論を一般的な…

  • NMR

    NMR(核磁気共鳴)とは、分子を強い磁場の中におくことでそれぞれの原子核に固有の回転周波数(ラーモア周波数)に対応するエネルギーの吸収・放出を伴う現象のことを言う。そのエネルギーを検出することで分子の性質や原子間の関係を解析するこ…

  • 運動エネルギー

    運動エネルギーの大きさは、物体Aが物体Bに仕事をして、そのエネルギーを使い切るまでの仕事の量と定義されている。つまり、ぶつかる瞬間から止まる瞬間までの仕事の大きさを運動エネルギーの大きさとしている。

  • ブラウン運動

    ブラウン運動をする微粒子をブラウン粒子という。イギリスの植物学者であるロバート・ブラウンは顕微鏡を使って水中で破裂した花粉から微粒子が流出する様子を観察中に、微粒子がまるで生き物のように震動し時間の経過と共に複雑な運動をするという…

  • コリオリ力

    慣性の法則より、物体に力が働かない場合、静止している物体は静止し続け、運動する物体は等速直線運動を行うはずである。しかし、物体の運動を記述する座標系が慣性系 (運動の第 1法則が成り立つ座標系 )でない場合に、「見かけの力」を利用…

  • フーコーの振り子

    フーコーが初めに自分で実験に用いた振り子は紐の長さが2メートルぐらいのものであった。おもりが動き続けているうちに、おもりの向かう位置がずれていくのが観察できることを発見した。パリのパンテオン寺院で公開実験を行った時に用いた振り子の…

  • ダイオード

    電気製品によく使われている、赤や緑の小さな電源表示ランプのほとんどが発光ダイオードです。発光ダイオードとは、比較的自由に動く電子を内在するN型半導体と、電子の空席があるP型半導体を接合させたものです。半導体とは電気をわずかに通す物…

  • 核融合

    それに伴って、近年は、核融合を使った発電が研究されている。核融合が発生すると、高エネルギーの粒子(陽子、中性子など)やガンマ線、ニュートリノなどの形の大きなエネルギーが放出されることとなる。特に、核子1個当りの結合エネルギーは、軽…

  • シーザー暗号

    古代ローマの政治家であり軍人、文筆家であるガイウス・ユリウス・カエサル(英語読みでシーザー)が初めて使ったことから、こう呼ばれるようになった。カエサルは文章に機密性を持たせる場合、各文字をずらして暗号を作成したといわれている。しか…

  • 熱処理

    硬度とは、物質や材料の主に表面、あるいは表面近傍の機械的性質と言われるもの一つです。材料の異物によって、変形や傷を与えられようとする時に物質や材料の変形しにくさ、または物質や材料の傷つきにくさを表します。工業的には、比較的簡単に検…

  • ポアソン分布

    ポアソン分布は、N人からなる集団において、ある特性を有するものがM人いると仮定し、この集団から無作為にn人取り出したとき、特性を有する人数をXとすると、X=xとなる確率分布を超幾何分布(hypergeometric distrib…

  • 暗号化

    暗号方式には複数の方式があり、主立ったものとして「公開鍵暗号方式」と「共通鍵暗号方式」がある。公開鍵暗号方式とは、1976年にウィットフィールド・ディフィー(Whitfield Diffie)氏とマーティン・ヘルマン(Martin…

  • 超伝導

    一般的に金属は温度が下がると電気伝導性は大きくなり、温度が上がると伝導性は小さくなる。これは電子が温度の上昇するに従って散乱される為で、昔から絶対零度では金属の電気抵抗はゼロになるであろうと考えられていた。1911年、この検証過程…

  • クーロン力

    摩擦した琥珀が羽のような軽い物を引きつける現象などのような電気に関する現象は古くから研究されており、18世紀に入って電気の存在が発見され、その後の実験や研究により電気にはプラスとマイナスの二つの種類があることや、同符号間では反発し…

  • 43理学のうち 1~20件 表示

    1 / 3123

  • ヒートソープ

    ヒープソートでは、ソートに必要な作業領域が固定サイズで、データ量の大小に関わらず変化しない。スタックのように固定サイズの直線的なデータ構造ではなく、複雑なメモリアクセス方法となる。そのため連続的にメモリへアクセスが出来ず、空間的局…

  • 運動エネルギー

    運動エネルギーの大きさは、物体Aが物体Bに仕事をして、そのエネルギーを使い切るまでの仕事の量と定義されている。つまり、ぶつかる瞬間から止まる瞬間までの仕事の大きさを運動エネルギーの大きさとしている。

  • 光速

    アインシュタインの相対性理論の起源はマクスウェルの方程式であると言われ、媒質を真空にすると電磁場の伝搬速度は光速と一致すると述べられている。また、重力作用も光速で伝播することが観測により確認されている。媒質中における光速は真空中よ…

  • ニュートンリング

    この同心円状のリングを初めて報告したのはイギリスの自然学者であるロバート・フックであり、著書「ミクログラフィア」でリングの顕微鏡による詳細な観察結果を記している。この現象はアイザックニュートンが詳細な研究を行なったことによりニュー…

  • 中央値

    同様に中心的傾向を表す測度には、データの値の総和をデータ個数で割って求める「算術平均」、n個のデータの積のn乗根である「幾何平均値」、分布の中で最も出現回数の多い値である「最頻値(モード)」、データの大きい方と小さい方の一定割合捨…

  • 公開鍵暗号方式

    ウィットフィールド・ディフィー(Whitfield Diffie)氏とマーティン・ヘルマン(Martin E. Hellman)氏が1976年に公開鍵暗号の基本原理を考案した。方式はいくつか提案されており、巨大な整数の素因数分解が…

  • デバッグ

    まずバグ・エラーが発生する状況を確認してください。 いつでもバグ・エラーを再現できるように、問題が発生する操作や状況をよく確認します、再現性があるとなお良いです。次にバグ・エラーの種類を特定し、特定したバグ・エラーがどこから来てい…

  • リンカ

    リンカが担う役割をリンクという。リンクには2種類の方式が存在する。一つ目は「静的リンク」と呼ばれる方式である。この方式では、リンカは複数のオブジェクトファイルを一つの実行可能なファイルに統合することが特徴である。参照する別のオブジ…

  • 熱処理

    硬度とは、物質や材料の主に表面、あるいは表面近傍の機械的性質と言われるもの一つです。材料の異物によって、変形や傷を与えられようとする時に物質や材料の変形しにくさ、または物質や材料の傷つきにくさを表します。工業的には、比較的簡単に検…

  • キュー

    コンピュータは,さまざまなデータを蓄積したり,処理したりすることができるが,大量のデータをコンピュータ内に記憶し,管理,取出しを行うためには,データに明確な構造を定義して行うことが必要で,これをデータ構造という。主なデータ構造には…

  • リレーショナルデータベース

    リレーショナルデータベースの大きな特徴、その名の通り「リレーショナル」であること、つまりデータ間に関係性を持たせているということである。リレーショナルデータベースの仕組みとしては、すべてのデータを2次元的に扱っているということであ…

  • バッファリング

    バッファリングが利用される主な例としては、動画の再生があげられる。コンピュータ上で動画の再生しようとした場合、動画の転送速度よりも動画の再生速度の方が速い場合がある。このとき、何も処理を行わず転送されたデータをそのまますぐに再生さ…

  • コンパイラ

    ソースコードとはプログラミング言語で記述されたテキストのことであり、「ソースプログラム」「原始プログラム」「ソース」「コード」とも呼ばれる。エディターなどのソフトウェアを使って作成され、ソースプログラムを実際に動作させるには、コン…

  • ページビュー

    例えば、トップページ、会社概要、商品情報、ニュースリリースなど、複数のWebページで構成されることが多い企業の公式Webサイトの場合は、次のようにページビューが使われる。 ・アクセス解析の結果、前月のトップページのページビュー数が…

  • 磁力

    磁力を生み出す磁石とは二つの磁極を持ち、双極性の磁場を発生させる源となる物体のことである。古代ギリシャでは鉄を引き寄せる石として磁石は古くから知られており、プラトンはその著書「イオン」にて「マグネシアの石」として磁石のことを言及し…

  • アセンブラ

    まずコンピュータ(計算機)において様々な演算や処理を行うのがCUP(中央演算装置)である。一般的なコンピュータはそのCPUに様々な命令を送ることによって、処理を行い、その命令は人間がプログラムによって行っている。CPUは機械語しか…

  • リマインドメール

    リマインドメールは上に示したような役割をもつため、重要なポイントを明確に示す必要がある。リマインドメールを書く際に有用な点について説明する。まず重要なのは、(1)日時である。これはどちら側にとっても最重要事項であり、必須であると言…

  • 加速器

    電気を帯びた荷電粒子を加速させるために必要な電磁場は、電圧や高周波によって発生させることができる。静電加速器は静電場を用いた加速器であり、二つの電極間に直流高電圧を付加して電場を発生させてその電位差により荷電粒子を加速させる方式で…

  • ニュートリノ

    中性子が陽子に変化する過程においてはβ線とよばれる電子が放出されるが、放射線としてβ線を放出する放射性崩壊をβ崩壊と呼ぶ。放射性物質が放つ放射線は、ヘリウム原子核であるα線、電子であるβ線、波長の非常に短い電磁波であるγ線からなる…

  • NMR

    NMR(核磁気共鳴)とは、分子を強い磁場の中におくことでそれぞれの原子核に固有の回転周波数(ラーモア周波数)に対応するエネルギーの吸収・放出を伴う現象のことを言う。そのエネルギーを検出することで分子の性質や原子間の関係を解析するこ…

  • 43理学のうち 1~20件 表示

    1 / 3123

  • カテゴリ

    理学の急上昇ワード
    cacicoテキスト買取
    cacicoテキスト
    ページの先頭に戻る