授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

数学

5語の単語が見つかりました
  • 人気順Popular order
  • 新着順The order of ner arrival

  • モンテカルロ法

    モデルには、時間の経過に従ってその対象が変化していく動的モデルがある。このうち、不規則な現象を含む確率的モデルをここでは採用する。例えばサイコロを振ったときに出る目の数は誰にも予測できない。振った回数によっては、特定の目が多く出る…

  • ポアソン分布

    ポアソン分布は、N人からなる集団において、ある特性を有するものがM人いると仮定し、この集団から無作為にn人取り出したとき、特性を有する人数をXとすると、X=xとなる確率分布を超幾何分布(hypergeometric distrib…

  • 散布図

    2変数のデータの場合に対になった測定値xとyの関係を調べるために作成する図の一つである。対になった測定値(x,y)をグラフにプロットしたものを散布図という。散布図は点が右上がりになっているか、左上がりになっているかによって、視覚的…

  • 信頼区間

    臨床統計の分野では1980年代から信頼区間の重要性を主張する人々が現れ,1986から87年にはLancetなどの主要な医学雑誌の投稿規定は信頼区間の記載を義務づけた。さらに1998年に合意に至った「臨床試験のための統計的原則」(I…

  • 中央値

    同様に中心的傾向を表す測度には、データの値の総和をデータ個数で割って求める「算術平均」、n個のデータの積のn乗根である「幾何平均値」、分布の中で最も出現回数の多い値である「最頻値(モード)」、データの大きい方と小さい方の一定割合捨…

  • 5数学のうち 1~5件 表示

    1 / 11

  • 中央値

    同様に中心的傾向を表す測度には、データの値の総和をデータ個数で割って求める「算術平均」、n個のデータの積のn乗根である「幾何平均値」、分布の中で最も出現回数の多い値である「最頻値(モード)」、データの大きい方と小さい方の一定割合捨…

  • ポアソン分布

    ポアソン分布は、N人からなる集団において、ある特性を有するものがM人いると仮定し、この集団から無作為にn人取り出したとき、特性を有する人数をXとすると、X=xとなる確率分布を超幾何分布(hypergeometric distrib…

  • モンテカルロ法

    モデルには、時間の経過に従ってその対象が変化していく動的モデルがある。このうち、不規則な現象を含む確率的モデルをここでは採用する。例えばサイコロを振ったときに出る目の数は誰にも予測できない。振った回数によっては、特定の目が多く出る…

  • 散布図

    2変数のデータの場合に対になった測定値xとyの関係を調べるために作成する図の一つである。対になった測定値(x,y)をグラフにプロットしたものを散布図という。散布図は点が右上がりになっているか、左上がりになっているかによって、視覚的…

  • 信頼区間

    臨床統計の分野では1980年代から信頼区間の重要性を主張する人々が現れ,1986から87年にはLancetなどの主要な医学雑誌の投稿規定は信頼区間の記載を義務づけた。さらに1998年に合意に至った「臨床試験のための統計的原則」(I…

  • 5数学のうち 1~5件 表示

    1 / 11

  • カテゴリ

    数学の急上昇ワード
    cacicoテキスト買取
    cacicoテキスト
    ページの先頭に戻る