授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

物理学

19語の単語が見つかりました
  • 人気順Popular order
  • 新着順The order of ner arrival

  • 熱力学第一法則

    そもそも熱量と仕事とは別々のものであると意考えられていた。熱量の単位は[cal] 水1[g]を絶対温度1[K]上昇させるのに必要な熱量を1[cal]とする。熱がエネルギーの一種であることを確認したのはジュールであった。仕事の単位は…

  • 一般相対性理論

    とは、“加速度系であっても極めて限られた狭い範囲(時空間)では特殊相対性理論が成り立つということ”と“重力と慣性力とは同じ性質を持つため互いに置き換えて考えることができる”ということを指す。考え方としては、特殊相対性理論を一般的な…

  • NMR

    NMR(核磁気共鳴)とは、分子を強い磁場の中におくことでそれぞれの原子核に固有の回転周波数(ラーモア周波数)に対応するエネルギーの吸収・放出を伴う現象のことを言う。そのエネルギーを検出することで分子の性質や原子間の関係を解析するこ…

  • 運動エネルギー

    運動エネルギーの大きさは、物体Aが物体Bに仕事をして、そのエネルギーを使い切るまでの仕事の量と定義されている。つまり、ぶつかる瞬間から止まる瞬間までの仕事の大きさを運動エネルギーの大きさとしている。

  • コリオリ力

    慣性の法則より、物体に力が働かない場合、静止している物体は静止し続け、運動する物体は等速直線運動を行うはずである。しかし、物体の運動を記述する座標系が慣性系 (運動の第 1法則が成り立つ座標系 )でない場合に、「見かけの力」を利用…

  • フーコーの振り子

    フーコーが初めに自分で実験に用いた振り子は紐の長さが2メートルぐらいのものであった。おもりが動き続けているうちに、おもりの向かう位置がずれていくのが観察できることを発見した。パリのパンテオン寺院で公開実験を行った時に用いた振り子の…

  • ダイオード

    電気製品によく使われている、赤や緑の小さな電源表示ランプのほとんどが発光ダイオードです。発光ダイオードとは、比較的自由に動く電子を内在するN型半導体と、電子の空席があるP型半導体を接合させたものです。半導体とは電気をわずかに通す物…

  • 核融合

    それに伴って、近年は、核融合を使った発電が研究されている。核融合が発生すると、高エネルギーの粒子(陽子、中性子など)やガンマ線、ニュートリノなどの形の大きなエネルギーが放出されることとなる。特に、核子1個当りの結合エネルギーは、軽…

  • 超伝導

    一般的に金属は温度が下がると電気伝導性は大きくなり、温度が上がると伝導性は小さくなる。これは電子が温度の上昇するに従って散乱される為で、昔から絶対零度では金属の電気抵抗はゼロになるであろうと考えられていた。1911年、この検証過程…

  • クーロン力

    摩擦した琥珀が羽のような軽い物を引きつける現象などのような電気に関する現象は古くから研究されており、18世紀に入って電気の存在が発見され、その後の実験や研究により電気にはプラスとマイナスの二つの種類があることや、同符号間では反発し…

  • 熱力学第二法則

    熱力学第二法則は科学者によって色々な言い方をされている。通常次の三つの形で表現される。(1)クラウシスの原理 「外部に何の変化も与えずに熱を低温から高温へ移すことは不可能である。」(2)トムソンの原理 「外部から熱を吸収してこれを…

  • 絶対温度

    セルシウス温度は普段私達が使用している温度であり、セ氏温度、摂氏温度ともいわれ、1気圧下で水の凝固点を0°C、沸点を100°Cと定めた温度である。しかし、物質や温度によって熱膨張率が異なるため、セルシウス温度では不正確な部分もある…

  • キルヒホッフ

    一般的にキルヒホッフの法則といえばこの電気回路におけるキルヒホッフ法則を指す。電気工学で広く用いられる法則であるこの法則は、電流側の法則である第一法則と、電圧側の法則である第二法則から構成される。キルヒホッフの第一法則は「電気回路…

  • 半減期

    半減期を指標とするものの一つに放射性同位体がある。放射性同位体は時間経過に伴い、放射性崩壊を起こして原子数が低下していく。測定値は放射性同位体の個数(あるいは同位体の放射能)。放射性同位体が放射性崩壊を起こす速度は一定で核種により…

  • 光速

    アインシュタインの相対性理論の起源はマクスウェルの方程式であると言われ、媒質を真空にすると電磁場の伝搬速度は光速と一致すると述べられている。また、重力作用も光速で伝播することが観測により確認されている。媒質中における光速は真空中よ…

  • 加速器

    電気を帯びた荷電粒子を加速させるために必要な電磁場は、電圧や高周波によって発生させることができる。静電加速器は静電場を用いた加速器であり、二つの電極間に直流高電圧を付加して電場を発生させてその電位差により荷電粒子を加速させる方式で…

  • 磁力

    磁力を生み出す磁石とは二つの磁極を持ち、双極性の磁場を発生させる源となる物体のことである。古代ギリシャでは鉄を引き寄せる石として磁石は古くから知られており、プラトンはその著書「イオン」にて「マグネシアの石」として磁石のことを言及し…

  • ニュートリノ

    中性子が陽子に変化する過程においてはβ線とよばれる電子が放出されるが、放射線としてβ線を放出する放射性崩壊をβ崩壊と呼ぶ。放射性物質が放つ放射線は、ヘリウム原子核であるα線、電子であるβ線、波長の非常に短い電磁波であるγ線からなる…

  • ニュートンリング

    この同心円状のリングを初めて報告したのはイギリスの自然学者であるロバート・フックであり、著書「ミクログラフィア」でリングの顕微鏡による詳細な観察結果を記している。この現象はアイザックニュートンが詳細な研究を行なったことによりニュー…

  • 19物理学のうち 1~19件 表示

    1 / 11

  • 運動エネルギー

    運動エネルギーの大きさは、物体Aが物体Bに仕事をして、そのエネルギーを使い切るまでの仕事の量と定義されている。つまり、ぶつかる瞬間から止まる瞬間までの仕事の大きさを運動エネルギーの大きさとしている。

  • 光速

    アインシュタインの相対性理論の起源はマクスウェルの方程式であると言われ、媒質を真空にすると電磁場の伝搬速度は光速と一致すると述べられている。また、重力作用も光速で伝播することが観測により確認されている。媒質中における光速は真空中よ…

  • ニュートンリング

    この同心円状のリングを初めて報告したのはイギリスの自然学者であるロバート・フックであり、著書「ミクログラフィア」でリングの顕微鏡による詳細な観察結果を記している。この現象はアイザックニュートンが詳細な研究を行なったことによりニュー…

  • 磁力

    磁力を生み出す磁石とは二つの磁極を持ち、双極性の磁場を発生させる源となる物体のことである。古代ギリシャでは鉄を引き寄せる石として磁石は古くから知られており、プラトンはその著書「イオン」にて「マグネシアの石」として磁石のことを言及し…

  • 加速器

    電気を帯びた荷電粒子を加速させるために必要な電磁場は、電圧や高周波によって発生させることができる。静電加速器は静電場を用いた加速器であり、二つの電極間に直流高電圧を付加して電場を発生させてその電位差により荷電粒子を加速させる方式で…

  • ニュートリノ

    中性子が陽子に変化する過程においてはβ線とよばれる電子が放出されるが、放射線としてβ線を放出する放射性崩壊をβ崩壊と呼ぶ。放射性物質が放つ放射線は、ヘリウム原子核であるα線、電子であるβ線、波長の非常に短い電磁波であるγ線からなる…

  • NMR

    NMR(核磁気共鳴)とは、分子を強い磁場の中におくことでそれぞれの原子核に固有の回転周波数(ラーモア周波数)に対応するエネルギーの吸収・放出を伴う現象のことを言う。そのエネルギーを検出することで分子の性質や原子間の関係を解析するこ…

  • キルヒホッフ

    一般的にキルヒホッフの法則といえばこの電気回路におけるキルヒホッフ法則を指す。電気工学で広く用いられる法則であるこの法則は、電流側の法則である第一法則と、電圧側の法則である第二法則から構成される。キルヒホッフの第一法則は「電気回路…

  • クーロン力

    摩擦した琥珀が羽のような軽い物を引きつける現象などのような電気に関する現象は古くから研究されており、18世紀に入って電気の存在が発見され、その後の実験や研究により電気にはプラスとマイナスの二つの種類があることや、同符号間では反発し…

  • コリオリ力

    慣性の法則より、物体に力が働かない場合、静止している物体は静止し続け、運動する物体は等速直線運動を行うはずである。しかし、物体の運動を記述する座標系が慣性系 (運動の第 1法則が成り立つ座標系 )でない場合に、「見かけの力」を利用…

  • ダイオード

    電気製品によく使われている、赤や緑の小さな電源表示ランプのほとんどが発光ダイオードです。発光ダイオードとは、比較的自由に動く電子を内在するN型半導体と、電子の空席があるP型半導体を接合させたものです。半導体とは電気をわずかに通す物…

  • フーコーの振り子

    フーコーが初めに自分で実験に用いた振り子は紐の長さが2メートルぐらいのものであった。おもりが動き続けているうちに、おもりの向かう位置がずれていくのが観察できることを発見した。パリのパンテオン寺院で公開実験を行った時に用いた振り子の…

  • 核融合

    それに伴って、近年は、核融合を使った発電が研究されている。核融合が発生すると、高エネルギーの粒子(陽子、中性子など)やガンマ線、ニュートリノなどの形の大きなエネルギーが放出されることとなる。特に、核子1個当りの結合エネルギーは、軽…

  • 超伝導

    一般的に金属は温度が下がると電気伝導性は大きくなり、温度が上がると伝導性は小さくなる。これは電子が温度の上昇するに従って散乱される為で、昔から絶対零度では金属の電気抵抗はゼロになるであろうと考えられていた。1911年、この検証過程…

  • 半減期

    半減期を指標とするものの一つに放射性同位体がある。放射性同位体は時間経過に伴い、放射性崩壊を起こして原子数が低下していく。測定値は放射性同位体の個数(あるいは同位体の放射能)。放射性同位体が放射性崩壊を起こす速度は一定で核種により…

  • 熱力学第一法則

    そもそも熱量と仕事とは別々のものであると意考えられていた。熱量の単位は[cal] 水1[g]を絶対温度1[K]上昇させるのに必要な熱量を1[cal]とする。熱がエネルギーの一種であることを確認したのはジュールであった。仕事の単位は…

  • 熱力学第二法則

    熱力学第二法則は科学者によって色々な言い方をされている。通常次の三つの形で表現される。(1)クラウシスの原理 「外部に何の変化も与えずに熱を低温から高温へ移すことは不可能である。」(2)トムソンの原理 「外部から熱を吸収してこれを…

  • 絶対温度

    セルシウス温度は普段私達が使用している温度であり、セ氏温度、摂氏温度ともいわれ、1気圧下で水の凝固点を0°C、沸点を100°Cと定めた温度である。しかし、物質や温度によって熱膨張率が異なるため、セルシウス温度では不正確な部分もある…

  • 一般相対性理論

    とは、“加速度系であっても極めて限られた狭い範囲(時空間)では特殊相対性理論が成り立つということ”と“重力と慣性力とは同じ性質を持つため互いに置き換えて考えることができる”ということを指す。考え方としては、特殊相対性理論を一般的な…

  • 19物理学のうち 1~19件 表示

    1 / 11

  • カテゴリ

    物理学の急上昇ワード
    cacicoテキスト買取
    cacicoテキスト
    ページの先頭に戻る