授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

経営・商学

17語の単語が見つかりました
  • 人気順Popular order
  • 新着順The order of ner arrival

  • マネジメント

    マネジメントをされるべき対象は4種類ある。4つの要素を効率的かつ、有効的に活用することで効果の最大化を狙うのがマネジメントである。

  • 3C分析

    外部市場に対する自社の戦略の再定義のみならず、新市場への新規参入や、撤退の検討などにも同様に3C分析が使用されている。分析にあたり、以下の各「C」についての目的を明確にすることで、分析範囲を必要最低限に絞り込むことができる。・Co…

  • クロスメディア

    クロスメディアという言葉が生まれた背景としてWebサイトの普及があげられる。Webサイトが普及し、考えが生まれたのが「AISAS」の法則です。Aがattention(注意)でまず消費者に商品を知ってもらうことから始まる。Iはint…

  • 4P

    「何を販売するのか」というProduct(製品)戦略を検討するにあたっては、まず、ターゲットとなる顧客ニーズに合わせた製品を販売するという視点に立つことが重要となる。「売りたい製品を販売する」という視点になりがちであるため注意が必…

  • インカムゲイン

    インカムゲインは、業績指標としてよく用いられる。この指標を利用するメリットは、社員に対する企業の価値向上や株主への還元に対する認識の強化が明確にできることが大きい。また、賞与と株主への還元の関係を強化することで、株価が下落した際の…

  • 管理会計

    管理会計の情報は、企業内のみで利用可能な情報である。この点で投資家など企業外部から利用可能な財務会計の情報と異なる。逆に、財務会計の情報は、企業会計原則や商法、金融商品取引法、法人税法などに規制されるが、管理会計の情報は法的な規制…

  • ブルー・オーシャン戦略

    戦略キャンパスは、横軸に顧客に提供する価値の種類、縦軸に顧客が受けるメリットの高さを示すグラフのこと。自社の線と競合の線を引くことで、違う点から、ブルーオーシャン戦略のコンセプトを明確にすることができる。

  • アイドマ

    アイドマモデルは上述の5つの段階よりも大別し、まず3つの段階に分けて考えることができる。「認知段階」「感情段階」「行動段階」の3つである。これは消費者の所作を示しており、購買に至るまでは「認知(商品の発見)」、「感情(思案や思考す…

  • キャッシュフロー計算書

    企業には会計年度があり、それぞれの企業によって開始月が違う。例えば、12月が決算月の企業があるとすると、1月が期首、2~11月が期中、12月が期末となる。キャッシュフローは、期首(1月)のキャッシュの増減額+期中(2~11月)のキ…

  • ワラント

    ワラントは前述の通り、株式を引き受ける権利をあらかじめ得ることができるものである。例えば、1株10000円の株があったとし、そこで「1株10000円のワラント(付与率を1とする)」を獲得することで、1株10000円で株式を購入する…

  • 小口現金

    一般的に、企業は警備上や安全管理上のため、現金を極力社内には保管しないで銀行に預金しておきます。しかし銀行預金は安全に保管しておくにはとても便利な方法ですが、日常のこまごまとした支払の決済を行う場合、その都度、預金引き出しなどを行…

  • アウトソーシング

    アウトソーシングにはメリットとデメリットの両方が存在する。まずメリットは、外注することによって作業効率が向上することである。たとえばA社がa、b、cという作業工程を必要とした製品を製造するとして、bという作業は自社でやるよりもB社…

  • ベンチャーキャピタル

    今日のようなベンチャーキャピタルの形態は、第二次世界大戦後、戦争のために開発した技術をビジネス化するために、1946年にアメリカン・リサーチ・アンド・デベロップメント社が設立されたことに由来する。またインダストリアル・キャピタル社…

  • 目論見

    交付目論見書とは、公募投資信託において投資家に対して必ず交付される目論見書である。通常、目論見書といえばこれを指す場合が多い。当該投資信託に投資する投資家には販売前または同時に必ず渡す必要がある。 交付目論見書には、ファンドの目的…

  • セル生産方式

    セル生産方式を考案したのは、日本の経営コンサルタント、山田日登志氏である。同氏は、もともと、トヨタ生産方式を、様々な業種の製造現場の実態に合わせて導入する手法で、数多くの工場の改革を成功させていた。しかし、80年代以降、人件費の安…

  • コトラー

    コトラーの功績の中で最も大きいのは、マーケティングの体系化である。同氏の代表著作である「マーケティングマネジメント」に記されている。内容としては、マーケティングの定義に始まり、理論や概念・枠組みから顧客の分析・顧客視点の思考、さら…

  • コンプライアンスオフィサー

    法令を遵守した形で事業活動が円滑に実施されるように社内マニュアルの作成や社内研修、関連法改正時の業務の見直し等を行うことが主な業務である。コンプライアンスを「企業独自の理念や倫理的価値観を浸透させ、実践させる様々な活動」とした場合…

  • 17経営・商学のうち 1~17件 表示

    1 / 11

  • ベンチャーキャピタル

    今日のようなベンチャーキャピタルの形態は、第二次世界大戦後、戦争のために開発した技術をビジネス化するために、1946年にアメリカン・リサーチ・アンド・デベロップメント社が設立されたことに由来する。またインダストリアル・キャピタル社…

  • 管理会計

    管理会計の情報は、企業内のみで利用可能な情報である。この点で投資家など企業外部から利用可能な財務会計の情報と異なる。逆に、財務会計の情報は、企業会計原則や商法、金融商品取引法、法人税法などに規制されるが、管理会計の情報は法的な規制…

  • コンプライアンスオフィサー

    法令を遵守した形で事業活動が円滑に実施されるように社内マニュアルの作成や社内研修、関連法改正時の業務の見直し等を行うことが主な業務である。コンプライアンスを「企業独自の理念や倫理的価値観を浸透させ、実践させる様々な活動」とした場合…

  • セル生産方式

    セル生産方式を考案したのは、日本の経営コンサルタント、山田日登志氏である。同氏は、もともと、トヨタ生産方式を、様々な業種の製造現場の実態に合わせて導入する手法で、数多くの工場の改革を成功させていた。しかし、80年代以降、人件費の安…

  • 目論見

    交付目論見書とは、公募投資信託において投資家に対して必ず交付される目論見書である。通常、目論見書といえばこれを指す場合が多い。当該投資信託に投資する投資家には販売前または同時に必ず渡す必要がある。 交付目論見書には、ファンドの目的…

  • コトラー

    コトラーの功績の中で最も大きいのは、マーケティングの体系化である。同氏の代表著作である「マーケティングマネジメント」に記されている。内容としては、マーケティングの定義に始まり、理論や概念・枠組みから顧客の分析・顧客視点の思考、さら…

  • マネジメント

    マネジメントをされるべき対象は4種類ある。4つの要素を効率的かつ、有効的に活用することで効果の最大化を狙うのがマネジメントである。

  • 4P

    「何を販売するのか」というProduct(製品)戦略を検討するにあたっては、まず、ターゲットとなる顧客ニーズに合わせた製品を販売するという視点に立つことが重要となる。「売りたい製品を販売する」という視点になりがちであるため注意が必…

  • 3C分析

    外部市場に対する自社の戦略の再定義のみならず、新市場への新規参入や、撤退の検討などにも同様に3C分析が使用されている。分析にあたり、以下の各「C」についての目的を明確にすることで、分析範囲を必要最低限に絞り込むことができる。・Co…

  • インカムゲイン

    インカムゲインは、業績指標としてよく用いられる。この指標を利用するメリットは、社員に対する企業の価値向上や株主への還元に対する認識の強化が明確にできることが大きい。また、賞与と株主への還元の関係を強化することで、株価が下落した際の…

  • キャッシュフロー計算書

    企業には会計年度があり、それぞれの企業によって開始月が違う。例えば、12月が決算月の企業があるとすると、1月が期首、2~11月が期中、12月が期末となる。キャッシュフローは、期首(1月)のキャッシュの増減額+期中(2~11月)のキ…

  • クロスメディア

    クロスメディアという言葉が生まれた背景としてWebサイトの普及があげられる。Webサイトが普及し、考えが生まれたのが「AISAS」の法則です。Aがattention(注意)でまず消費者に商品を知ってもらうことから始まる。Iはint…

  • ブルー・オーシャン戦略

    戦略キャンパスは、横軸に顧客に提供する価値の種類、縦軸に顧客が受けるメリットの高さを示すグラフのこと。自社の線と競合の線を引くことで、違う点から、ブルーオーシャン戦略のコンセプトを明確にすることができる。

  • 小口現金

    一般的に、企業は警備上や安全管理上のため、現金を極力社内には保管しないで銀行に預金しておきます。しかし銀行預金は安全に保管しておくにはとても便利な方法ですが、日常のこまごまとした支払の決済を行う場合、その都度、預金引き出しなどを行…

  • アウトソーシング

    アウトソーシングにはメリットとデメリットの両方が存在する。まずメリットは、外注することによって作業効率が向上することである。たとえばA社がa、b、cという作業工程を必要とした製品を製造するとして、bという作業は自社でやるよりもB社…

  • アイドマ

    アイドマモデルは上述の5つの段階よりも大別し、まず3つの段階に分けて考えることができる。「認知段階」「感情段階」「行動段階」の3つである。これは消費者の所作を示しており、購買に至るまでは「認知(商品の発見)」、「感情(思案や思考す…

  • ワラント

    ワラントは前述の通り、株式を引き受ける権利をあらかじめ得ることができるものである。例えば、1株10000円の株があったとし、そこで「1株10000円のワラント(付与率を1とする)」を獲得することで、1株10000円で株式を購入する…

  • 17経営・商学のうち 1~17件 表示

    1 / 11

  • カテゴリ

    経営・商学の急上昇ワード
    cacicoテキスト買取
    cacicoテキスト
    ページの先頭に戻る