授業の要点が分かる学生のための学習辞典サイト

商学

5語の単語が見つかりました
  • 人気順Popular order
  • 新着順The order of ner arrival

  • 3C分析

    外部市場に対する自社の戦略の再定義のみならず、新市場への新規参入や、撤退の検討などにも同様に3C分析が使用されている。分析にあたり、以下の各「C」についての目的を明確にすることで、分析範囲を必要最低限に絞り込むことができる。・Co…

  • 4P

    「何を販売するのか」というProduct(製品)戦略を検討するにあたっては、まず、ターゲットとなる顧客ニーズに合わせた製品を販売するという視点に立つことが重要となる。「売りたい製品を販売する」という視点になりがちであるため注意が必…

  • アイドマ

    アイドマモデルは上述の5つの段階よりも大別し、まず3つの段階に分けて考えることができる。「認知段階」「感情段階」「行動段階」の3つである。これは消費者の所作を示しており、購買に至るまでは「認知(商品の発見)」、「感情(思案や思考す…

  • ワラント

    ワラントは前述の通り、株式を引き受ける権利をあらかじめ得ることができるものである。例えば、1株10000円の株があったとし、そこで「1株10000円のワラント(付与率を1とする)」を獲得することで、1株10000円で株式を購入する…

  • 目論見

    交付目論見書とは、公募投資信託において投資家に対して必ず交付される目論見書である。通常、目論見書といえばこれを指す場合が多い。当該投資信託に投資する投資家には販売前または同時に必ず渡す必要がある。 交付目論見書には、ファンドの目的…

  • 5商学のうち 1~5件 表示

    1 / 11

  • 目論見

    交付目論見書とは、公募投資信託において投資家に対して必ず交付される目論見書である。通常、目論見書といえばこれを指す場合が多い。当該投資信託に投資する投資家には販売前または同時に必ず渡す必要がある。 交付目論見書には、ファンドの目的…

  • 4P

    「何を販売するのか」というProduct(製品)戦略を検討するにあたっては、まず、ターゲットとなる顧客ニーズに合わせた製品を販売するという視点に立つことが重要となる。「売りたい製品を販売する」という視点になりがちであるため注意が必…

  • 3C分析

    外部市場に対する自社の戦略の再定義のみならず、新市場への新規参入や、撤退の検討などにも同様に3C分析が使用されている。分析にあたり、以下の各「C」についての目的を明確にすることで、分析範囲を必要最低限に絞り込むことができる。・Co…

  • アイドマ

    アイドマモデルは上述の5つの段階よりも大別し、まず3つの段階に分けて考えることができる。「認知段階」「感情段階」「行動段階」の3つである。これは消費者の所作を示しており、購買に至るまでは「認知(商品の発見)」、「感情(思案や思考す…

  • ワラント

    ワラントは前述の通り、株式を引き受ける権利をあらかじめ得ることができるものである。例えば、1株10000円の株があったとし、そこで「1株10000円のワラント(付与率を1とする)」を獲得することで、1株10000円で株式を購入する…

  • 5商学のうち 1~5件 表示

    1 / 11

  • 商学の急上昇ワード
    cacicoテキスト買取
    cacicoテキスト
    ページの先頭に戻る